トマトカレーで頭が良くなる?最強の脳活?

脳トレ美術館|トマトカレーmain

先日バラエティ
「名医のTHE太鼓判」にて

「驚くほど健康効果が上がる!
家庭料理ベスト10」が
紹介されておりました。

もちろん紹介された料理は
その名の通り、 どの料理も

●家庭でよく食べられるもの
    +
●ひと手間加えるだけで健康度が劇的アップ


というもの。

中でも脳トレ的に
大注目したいのが

その名もズバり
頭の良くなるトマトカレー
です。

トマトといえば
栄養素たっぷりの人気野菜、

カレーといえば
子どもにも大人にも大人気の
国民的エース食…

その2つが
フィーチャリングしたら
どのように健康度
アップしていくのか…

今回は
そんなミラクルワールド
レポートさせて頂きますので

よろしくお願いいたします(^^)

カレーでIQがアップ?

そもそもカレーに関しては

東大生はカレー好き
インドに天才数学者が多いのは
カレーのおかげ
イチロー元選手も常食していた

等々、数々の情報を
よく耳にします。

科学的にも諸々
証明されており

例えば
脳科学者の茂木健一郎氏
行った実験では

カレー比較食(カレーから
スパイスを抜いた煮込み料理)を
それぞれ摂取した被験者に

・作業記憶
・視覚探査

に関するテストを行った結果、

カレー摂取の被験者の
酸化ヘモグロビンの値が上昇。

そうなると

①酸化ヘモグロビンの値が上昇=
ニューロンが活動
   ↓
②ニューロンが活動=エネルギー減

   ↓
③エネルギー減=酸素が必要

   ↓
④酸素が必要=血流アップ

   ↓
⑤血流アップ=脳が活性化

という流れになったそうです。

回答時間率アップでIQも上昇?

また茂木氏の実験で被験者に
カレーの香りをかいでもらい
ひと口食べた後に
テストを行ったら

平均回答時間が約0.4秒速くなり、

制限時間で
問題が何問解けるかの指標を作り
IQに換算したところ

カレーを食べた被験者は
比較食に比べ
IQが「7」も上がったそうです。

カレーのスパイスは脳活に最強?

また東大生に関しては
東京大学周辺にカレー屋が多く
カレーを多く摂取…

インド人に関しては
言うまでもなく
国民食としてカレーを摂取
しているので
・天才数学者をたくさん輩出
・アルツハイマー病の発症率が
ばつぐんに低い

などカレーとの
嬉しい因果関係の推測も
よく言われています。

これらの情報には根拠もあり

カレーに含まれるスパイス
「脳を活性化している」とされ

特に以下のスパイスは
医学的にもとても注目されています。

■■ カレーに含まれるスパイスと効果 ■■

カルダモン:脳の酸素量と集中力アップ
クルクミン:記憶力の向上、認知症予防

 

そして「トマト」+「カレー」でミラクル効果?

また
言わずと知れたトマトには
リコピンが多く含まれています。

リコピンには
血管を拡張する作用があるため

●脳の血液量が増加

●脳が活性化

●前頭葉も活発

●記憶力、思考力などがアップ

●よって“頭がよくなる”

などの効果も期待されています。

しかしここで1つ問題なのが

トマトをで食べても
リコピンの効果は
ほとんど得られない!
ということ。

 

なぜかというと
トマトに含まれるリコピンは
細胞壁に守られているため、

生で食べても
その細胞壁がじゃまして
体内に取り込みにくい
とのこと…

 

そこで加熱が重要に
なってきます。

なぜなら
熱を加えることで細胞壁が壊れ

リコピン吸収率
劇的にアップしていくからです!

となったら
●ただでさえ脳活効果のあるカレー

●リコピン吸収率アップ状態のトマト
がフィーチャリングした
『トマトカレー』は

脳活×脳活のミラクルフード!
しかも身近で簡単!

その恩恵は
是非とも受けたい!
ってもんでは
ないでしょうか(^^)

 

「トマトカレー」の作り方

それではレシピを
ご紹介します。

■■■■ 材料 ■■■■
玉ねぎ
じゃがいも
にんじん
牛肉
カレールー

トマトジュース
サラダ油

■■■■ 作り方 ■■■■
玉ねぎ、じゃがいも、
にんじん、牛肉を
食べやすく切る 

熱したフライパンに
サラダ油をひき、
①の具材を炒める 

具材にいい感じで
火が通ったらカレールー、
水、トマトジュース
を加える

※水分量は水50%:トマトジュース50%

 

上記のレシピは一例です。

通常、ご家庭で作るカレーに
トマトを煮込むのも良し!

時短で作りたい方は
トマトジュースを使うも良し!

他にも
チーズやヨーグルトなど
好みの隠し味を入れるのも良し!

ですので、

あくまでも
美味しく楽しみながら脳活を
進めていって下さいませ(^^)

 

まとめ:脳活にも美容にも最適?

今回ご紹介した
「トマトカレー」効果
まとめると以下の通りです。

●トマトのリコピンは
脳の血流量を増加

●リコピンは熱を加えることで
細胞壁が破れ、吸収力がアップ

●カレースパイス・カルダモンは
脳の酸素量と集中力アップ

●カレースパイス・クルクミンは
記憶力の向上、認知症予防

●リコピンとカレースパイスの
相乗効果で効果も倍増!

またリコピンには

・老化防止
・活性酸素の消去
・脂肪蓄積をケア

など美容的にも
効果が期待されているので

「トマトカレー」は
脳活にも美容にも
かなり心強いレシピ
いえそうですよね(^^)


 

以上、
トマトカレーで
頭が良くなる?最強の脳活?
の巻でした。

さいごまで
お読みいただき

まことにありがとう
ございました。