東京タワー・333メートルの物語♪脳トレ

46脳トレ美術館|東京タワーmain

333mに込められた感慨、思い出…

 
東京タワー
誰もが知る東京のシンボル。
 
その高さは
332.6mですが
 
四捨五入され
333mが通称です。
 
 
1958年
 
開局が相次いだ
放送局の電波需給を
一本化するために
建設されました。
 
(ちなみに1958年は元号で昭和33年。
 33333m3が続きます♪)
 
 
もし
放送局の電波塔の位置が
点在していたら、
 
視聴者は
チャンネルを変えるたび
 
アンテナの位置も
調整しなくては
ならなかったので、
 
この建設は
人々のテレビ視聴生活を
とても快適にしたのです♪
 
 
高さも建設当時は、
パリのエッフェル塔(324m)
を抜き、
 
自立式鉄塔としては
世界一の高さに。
 
 
その後
東京スカイツリー
634mの高さと
 
世界一の座を
ゆずりましたが、
 
人々が東京タワーに
よせる思いは、
 
見上げて驚いたり
写真で癒されたり
修学旅行の思い出だったり
などなど…
 
 
何かしらの感慨が
素敵にあるのでは
ないでしょうか。。。
 
そんな
東京タワー物語
 
まだまだ
続きます(^^) 

麗しきインターナショナルオレンジ♪

地上60メートル以上
高層物は、
 
原則として
(インターナショナルオレンジ)と
の塗装の施しが
義務づけられています。
 
 
これは
航空事故を防ぐための
航空法によるもので、
 
夜間は
航空障害灯を点灯点滅、
 
150mを越える場合は
高光度航空障害灯
フラッシュが
決められています。
 
 
そのことによって
東京タワーも
 
赤と白
ツートンカラー
なっています。
 
 
赤といっても
インターナショナルオレンジ
といって
 
色見本のRBGに変換すると
 
R(レッド)255
B(ブルー)79
G(グリーン)0だから
実際には下の色になります。
 
46脳トレ美術館|東京タワーIO色 

東京タワー脳トレ♪

そこで今回は
 
インターナショナルオレンジ
がいざなう
 
間違い探し脳トレ
いってみましょう~♪
 
 
やることは簡単です。
 
下の左右の絵には
3箇所
違うところがあるので
 
 
それがどこか
ぜひ
探してみてください♪
 
 
視覚認識機能フル回転で
脳も活性化!
 
そんな
東京タワー脳トレ
Let’s スタート!!
 
46脳トレ美術館|東京タワーq
 
 
 
 
 
いかがです?
 
 
 
 
間違えは
見つかりましたでしょうか?
 
 
 
 
答えは下の3箇所です。
 
 46脳トレ美術館|東京タワーa
 
微妙な違いでしたが
おわかりに
なりましたでしょうか?(笑)
 
 
 
工事従事者の動員
約22万人といわれる
東京タワー。
 
そんな
人々の息づかいと
麗しき
インターナショナルオレンジに
包まれ、
 
今日も凛と
東京の町
そびえていることでしょう。。
 
 
以上、
「東京タワー・333メートル
 の物語♪脳トレ」
脳トレの巻でした。
 
さいごまでお読みいただいて、
まことにありがとうございます。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする